フルーツクリニックについて

image

フルーツを取り入れたい8つの理由

(1)野菜や魚肉類を超える!脅威のフルーツパワー

photo 毎日の健康を保つためには、バランスのいい食事が一番。フルーツを取り入れれば、より最適な栄養バランスを手に入れることができます。
フルーツには、野菜や魚肉類からは取り入れにくい栄養素を含んでいるものが多くあります。例えばビタミン類は熱で壊れやすく、調理中にかなりの栄養素が失われてしまいます。その点、加熱しなくても食べられるフルーツからは、丸ごとのビタミンがたっぷり吸収できます。
その他、ミネラルやフラボノイドなど、フルーツは固有の優れた栄養を持っていて、その含有量や吸収率のよさが、野菜や魚肉類を上回るものも珍しくないのです。
食事の栄養素を補うデザートとして、おやつとして。また食事そのものに活用して、フルーツならではの栄養パワーをフル活用したいもの。

(2)食物繊維で、お腹すっきり宣言!

photo お腹ぽっこりに悩む人は意外に多いもの。フルーツに豊富な食物繊維が含まれているのをご存知ですか?食物繊維は腸の活動をスムーズにし、便秘予防に効果を発揮することは、よく知られている通りです。
便には腐敗物質や細菌などの有害物質が含まれています。便が腸内で滞ると、吹き出物などの肌荒れや、体の不調を引き起こします。便秘を放っておくと代謝が下がり、ダイエットにも不向きな体質になってしまいます。また便秘を放っておくとガンの原因になりうる、という説もあるのです。
便通は美容と健康な生活の第一歩。日本人の食事には食物繊維が不足気味というデータもあります。毎日のフルーツで、お腹すっきりを目指してみませんか。

(3)甘くたって太りにくい。フルーツは究極のスイーツ!

photo 街にはケーキやお菓子などのスイーツがよりどりみどり。甘いものは食べたいけれど、当然カロリーは気になりますね。
そんな時こそフルーツに目をむけましょう。フルーツの果糖は、砂糖よりも甘みが強く感じられる成分で、いつでも満足感を与えてくれます。それなのにカロリーはぐんと控えめで、何とケーキの10分の1ほど。果糖は吸収がいいので代謝もよく、砂糖に比べて太りにくいのはお墨付きです。
フルーツは、更なるおいしさを求めて日々、改良され続けています。甘みのハーモニーと香り高さ、見た目の美しさは、どんな名パティシエが作りだすスイーツにも劣りません。まさに、フルーツは究極のスイーツと言えるのです。

(4)豊富なビタミンで、体の中からナチュラル美肌

photo フルーツにはビタミンA、B群、C、Eがバランスよく含まれています。どれも美肌に必須とされる栄養素です。
ビタミンCはメラニン色素を分解して美白を促進する効果や、コラーゲン生成に役立って肌のきめを整える効果が知られています。ビタミンB群は代謝をよくし、脂質を分解する効果があるのでダイエットに必須。ビタミンAやビタミンEは、それぞれ血行を助けて皮膚をなめらかにし、老化を防ぐアンチエイジング効果があります。
ビタミン類は、身体の正常な働きを助け、イキイキとした毎日を保ってくれる栄養素。体内では作り出せず、継続的にとることが大事です。フルーツで天然ビタミンをたっぷり補給し、体の内側からの輝きを手に入れましょう。

(5)疲れリフレッシュで気分爽快

photo ビタミンと並んで、ほとんどのフルーツに豊富に含まれているのがカリウム。余分なナトリウム(塩分)を排出するはたらきで知られます。
日本人は特に、塩分摂取量が多い方だと言われます。塩分の取りすぎは高血圧の一因。カリウムは血圧を調整する働きをし、また細胞を正常に保つので、生活習慣病予防への高い効果が期待されています。カリウムは余分な水分を排出するはたらきもあると言われ、むくみにも効果的。
また、生活習慣病予防では、多くのフルーツに含まれるポリフェノールも見逃せません。ポリフェノールの抗酸化作用は、多くの病気の一因となっていると言われる活性酸素による体のサビつきを防ぐとされます。他、フルーツの栄養素には、毎日の健康を保ってくれるものがたくさん。 毎日の食生活がダイレクトに響く生活習慣病。フルーツを利用して積極的に予防していきたいもの。

(6)疲れリフレッシュで、元気な毎日を

photo フルーツが持つ、疲労をすばやくいやす効果にも注目してみませんか。「疲れた時には甘いもの」と言いますが、フルーツに含まれる果糖とブドウ糖は、砂糖よりもずっと吸収が早く、すぐにエネルギーに転換されて、体にパワーを取り戻してくれます。
また、柑橘類やイチゴ、梅などに含まれるクエン酸は、疲労物質である乳酸を分解し、疲れをためにくくしてくれるので、激しく体を動かした後におすすめです。 一流のアスリートたちがフルーツを積極的に取り入れているという話もあります。疲れがとれにくいと感じる人や、スポーツをする人はぜひ。

(7)日常から華やかな席まで…食卓を盛り上げる万能選手

photo フルーツは、日常使いから、パーティーのような席まで、いつでも役立つ万能選手。
普段はテーブルの上や冷蔵庫においておき、手にとってすぐにパクリ。忙しい人や、活発でよくお腹が減るお子様がいる家庭に最適です。お菓子よりも体にいいのは、言うまでもありません。
ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておけば、日持ちするフルーツもたくさんあります。煮てジャムにしたり、冷蔵してシャーベットにすれば簡単に長期保存でき、テーブルにまたひとつおいしさを添えます。
また、少し手の込んだカッティングをしたフルーツをテーブルに添えれば、一気に華やかになり、いつものフルーツがパーティーメニューに早変わり。フルーツは毎日欠かさず、食卓を楽しくにぎやかにしてくれるのです。

(8)体にも心にもハッピーをお届け

photo フルーツのさわやかな香りや色彩をもっと生活に役立ててみませんか。食に使用するのとは、また違った魅力を発見できるかもしれません。
新鮮なフルーツの香りは、気分をリフレッシュに導いてくれるアロマテラピー効果があります。
また、常温保存がきくフルーツをいくつか、カゴなどに盛り合わせておけば、ほのかに立ち上る香りと共に、そのかわいらしい形と、あざやかな色合いが楽しめます。憩いの場のアクセントとして、ぴったりのインテリアにもなりそう。
食べる前から、ハッピーをお届け。フルーツが持つ、自慢の美点のひとつです。

この他にも、フルーツを暮らしに取り入れたい理由はたくさんあります。
「フルーツクリニック」で、あなたなりの取り入れ方を見つけてみてください。「フルーツクリニック」の各コンテンツでは、フルーツの特長や、日常に役立つ楽しいフルーツの利用法の数々を紹介しています。

image